禁煙を考えられている方は読んでください。禁煙のコツさえ分かってしまえば簡単にタバコはやめられます。健康なカラダを手に入れたい方は是非これから説明することを参考にしてください。

禁煙指導薬剤師が話題として挙げるもの

禁煙指導薬剤師という資格をもった薬剤師がいます。患者さんに服薬指導をするさい、禁煙補助剤である飲み薬やパッチ、タバコによる健康被害などについて説明をします。また禁煙認定の資格はなくても学校や地域住民に話題として禁煙をとりあげることがよくあります。タバコは人体に悪い影響を与えますので、健康を考えて、禁煙の意味をとりあげているのです。
また小学校や中学校でタバコについの講話をすることがよくあります。早いうちからタバコの害について知ってもらうことで、健康を考えることが狙いです。写真などをつかって、がんや脳や心臓の病気について知ってもらい、タバコを吸わない人でも、周りの人が吸っていれば、吸っている人のタバコの煙が悪影響を与えるということです。つまり受動喫煙についても知ってもらうのです。タバコについて身近な話題から踏みこんでいき、話の内容に興味を持たしていく考え方が多いです。
薬剤師は薬のことばかりではなく、タバコについても講話などもおこなっており、また薬物乱用についてもタバコの話題と絡めて話すことが多いです。
国は健康推進をおしすすめています。その中に禁煙が属していますので、学校でも薬剤師をはじめ、教育関係者が講話をすることがあります。人体や薬物とのかかわりがあるため、教育関係者よりも医療人である薬剤師にお願いすることがあるのです。
タバコを吸わないことで、健康な体を保つことができ、医療費抑制にも大きな効果となります。タバコが原因でいろいろな疾患を発症しますので、まずはタバコを吸わないことをメインにしていくのです。
日本の明るい未来を保つためにも、一人ひとりが健康で、幸せであることが必要です。そのためには講話などのきっかけづくりが必要です。